スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚のショーで使う曲 邦楽編

宝塚のショーは芝居とは違い、台詞の代わりにほぼ通して何らかの音楽が流れます。
使う曲の数も多いので、オリジナルの曲以外にも外部の音楽をよく使います。
ショーの主題歌は基本的にオリジナルで専属の作曲家がつくるけど、1時間弱のショーの中の曲を全部作るほど作曲家もアイデアが溢れるわけではないし。
宝塚だからバレエやクラシックやシャンソンの曲ばかりかと思いきやさにあらず、意外と現代の音楽からの引用も多いのです。

そんな音楽をまとめた動画シリーズも実はありまして

この動画だけでも
奥村愛子
椎名林檎
サザン
DA PUMP
を使っている。

他にも
「リオデブラボー」ではジュリーのOh!ギャルを
「シャングリラ」ではピアノジャックの「台風」を
「Misty Station」に至っては、
魂のルフラン
集結の園へ
PRIDEのテーマ(世界最強の国技SUMOUのMADのBGMとしても有名)
Fantastic city(レスラー蝶野正洋のテーマ)
PE.Zの曲多数


を使ったことがあります。
また、斉藤恒芳さんという、
テレビ・ゲーム・アニメ等に広範に楽曲を提供している作曲家がいますが、
この人の曲も時々舞台で使われてます。
宝塚のためのオリジナルの場合もあれば、他の作品からの引用もあります。

↑な原曲が、↓のようになります。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm9788130
↑このHeat on Beatの黒燕尾ダンスの曲のような荘厳さと哀愁が混じった曲調が斉藤メロディか



全部の公演でこういう引用がなされるわけではないですが、
ヅカと言えばベルばら、「愛それは甘く~」のイメージしかない人にとっては意外と思われるでしょう。しかしこの何でもありのごった煮ぶりもまた宝塚の不思議な魅力でもあります。
もともとはコスチュームプレイが専門の劇団でも、オペラやミュージカルが専門の劇団でも何でもなく、
遊園地のアトラクションとしてできた劇団で、大衆芸能からスタートしたわけで。
流行歌をふんだんに取り入れていてもおかしくない。
もちろん邦楽のみならず洋楽のバリエーションも多様で、それを次回に。

さあ、才能に目覚めよう

星座占い、血液型性格診断、MBTI、エニアグラム、エゴグラム…
世の中は、「あなたはこんな性質の人間ですよ」と言い当ててくれる性格診断で溢れている。
科学的根拠のない、雑談のネタにしかならないものから、多少科学的なものまでいろいろだ。僕もいくつか試してみたりした。
そんな中「さあ、才能に目覚めよう」という本がある。
アマゾンリンク

この本は、ギャラップ社というアメリカの調査会社による200万人の職業人へのインタビューとリサーチをもとに、タイプ分類として34の資質を導出した。購入者はインターネットでテストを受けることで、その人が持つ上位5つの資質が判明する、というもの。このテストとか資質群は、「ストレングスファインダー」と呼ばれている。34の資質の内容は、
アレンジ、運命思考、回復思考、学習欲、活発性、共感性、競争性、規律性、原点思考、公平性、個別化、コミュニケーション、最上思考、自我、自己確信、社交性、収集心、指令性、慎重さ、信念、親密性、成長促進、責任感、戦略性、達成欲、着想、調和性、適応性、内省、分析思考、包容、ポジティブ、未来志向、目標思考
面白いのは、本を買ってコードを取得しないとテストは受けられず、しかもコードは1回限りしかきかない、というシステム。つまり古本屋で買ってもコードは既に使われていてテストは受けられない。上手い商売だな…と思って何度か立ち読みしたことはあってもテストを受けたことはなかったのだが、「ストレングスファインダー」で検索すると、ネット上でコードだけ取得してテストを受ける、という手段もあることが判明。コードの購入までは英語だが、テスト自体は日本語で受けられた。

結果は…
1位、着想(ideation)
2位、自我(significance)
3位、適応性(adaptability) 今を大切にする。流れにそって考え行動する
4位、最上志向(maximize)自分の長所を最大限に生かしたい
5位、内省(intellection) 考えること自体が好き

というもの。
ふーん、まあ当たらずとも遠からず、という無難な感想。バーナム効果もあるしね。一番意外だった資質は「適応性」だろうか。

ともあれ、この結果をもとにすると、
着想+内省で、独自の考えやアイデアを持つことができる。宝塚のレビューと踊ってみたに共通項を見出すなんて典型例かもしれない。企画部署向きだそうだ。
自我があるので、自分がやりたいことで結果を残したいという気持が強い。逆に、優秀な人、信頼できる人と付き合いたい欲求があるので、そうでないと認めた人たちに見向きもしない傾向もある。
適応性…確かにまあ、「適当になんとかなる」と開き直る傾向もある。計画的にコツコツは苦手。
最上志向は、弱点を克服するより強みを伸ばしたい欲求につながり、好きなことに熱中する気質につながる。だから弱点ばかり指摘されると萎える。何くそ見返してやるとも思わない。

自分は雑学的なことでも薀蓄をため込むのが好きなので、「収集心」とか「学習欲」がないのが意外だったが、その時の気分で上位の資質も多少は変動するだろう。少なくとも一人で行動することが全く苦にならない、むしろまわりのペースに合わせないといけない団体行動が嫌いなくらいでしかも根はグータラだから、「社交性」とか「規律性」が上位に入ることはまずないw
 なんだかんだで頭脳労働向きのようだ。
またこのテストが面白いのは、「○○というタイプは○○という職業に向いている」という決めつけをしないところ。テストの結果で出た資質に基づいて上司が的確にあつかってくれればば、どんな職業でも成功できる、という主張をしている。
たいていの性格診断って「自由奔放な性格だからマスコミ向き」とか、「他者に親身になれる性格だから教育者向き」みたいな結論で終わりだからね。
さらに34の資質から5つを順番付きで抽出すると34×33×32×31×30、単純計算で億単位のパターンがある。つまり、全く同じ組み合わせ資質を持った人に遭遇する率はかなり低い。
 日本ってどちらかっつうとオールマイティー人間を求める傾向が強いけど、職場における真のコミュニケーションとかマネジメントって、こういうことも念頭に置くべきなんじゃないかねえ。

(聴いては)いかんのか?

アニメみないくせにそのOPとかは聴く奴wwwwwww

僕もその端くれだが、理由は一言で言えば、単純に曲調が好きだから。
(なおこの記事ではアニメで使用される楽曲、所謂アニソン以外でも声優系ユニット・ボカロソングも含めてアニソンとカテゴライズさせていただく)
自分は音楽のジャンル区分に関して吹けば飛ぶような知識しかないが、アニソンって王道アイドルソングとは違った独特の可愛さ、テンションの高さがあってそれがどうも好きなのだ。
それとアニクラ(アニソンクラブイベント)の影響も。踊ってみたを始めてから、ダンス関連の友人の影響でアニクラ、アニソン系クラブイベントに時々行くようになった。
実際半分以上は知らない曲だったりするんだが、クラブで聴くと、普段聞き流していた曲もよりビートに乗りやすくなってテンションが上がる。アニクラで気に入った曲を覚えて検索し、歌手や作曲家を覚えてまた調べる、の繰り返しでレパートリーが増えていく。


90年代の残影
水樹奈々さんとかfripsideの曲に、90年代JPOPの残影を感じたから。Fripsideはもろ浅倉・小室サウンドの影響を受けてるしね。

そんな自分が最近ヘビロテ中なのはこのあたり。

こういう底抜けに明るい曲なら萌えアニメだろうがアイドルソングだろうがホイホイ聴いてしまうのが僕の悪い癖
そしてこのアイカツ、挿入歌CD「Second Snow!」
の曲に全く外れがない。
http://www.amazon.co.jp/Second-Show-%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%83%BB%E3%81%B5%E3%81%86%E3%82%8A%E3%83%BB%E3%81%99%E3%81%AA%E3%81%8A-STAR%E2%98%86ANIS/dp/B009PN1PIE
特にキラキラテクノサウンドが溢れるナンバー、prism spiralの完成度の高さはやばい。





よく奈々さんに良曲を提供している上松範康さんの作曲ではないが、サビで鳥肌立ったのは久しぶり。

労働日記

タイトルの通り、
なんやかんや(といってもその間就活というクソイベやら労働問題にちょっと関わったりやらしていたs)を経て4月から正規雇用労働者となっている。
僕がいまさら申すまでもなく、今の若者を取り巻く労働環境は地雷原、あるいは人跡未踏のジャングルみたいなもんだ。
財閥系・旧国営系・規制産業・マスコミみたいな超大手企業・安定企業でもない限り、
不安と希望の挟間で生きて行くことになると思われる。
社畜!ブラック企業!精神論!パワハラ!
ニュースだけ見てると日本の労働環境はラーゲリやアウシュヴィッツも真っ青の世界のようだけど、
実際はどうなのか?
自分も労働者の端くれとして、自分がどういう環境にあり、何を思っているかの記録もとってみる。

さて自分が配属された職場、
まだ始まったばかりとはいえ、
「いや、そこはこうすればいいだけしょ」とつっこみたいことが多々ある。
特に効率悪いなーと思ったのは、僕ら新人がなすべきこととか、習得すべき知識とかが、体系的に文書化されていないこと。
かつて塾の試験監督のバイトしてた頃、試験日(要は勤務日)の出勤から帰るまでの流れをすべて1冊にした小冊子のマニュアルを貰っていて、本当にこれさえあれば新人でもバカでも仕事がこなせるようになってたんだが、そういうものがない。
だいたいは、職場を見学→社員がその都度必要なことを口頭で説明し、メモる、の繰り返し。中には仕事内容とか作業する内容とかを教えられるんだが、これが口頭で教えられるばかりで、非常にイメージが掴み辛い。
聞く側としては耳で相手の話を聞きつつ、手と目を動かして書き留める。という作業をしなきゃいけない。これって意外ときつい。文字ならいつでも読めるけど、言葉は一度聞きそびれたら聞き直さなきゃならない。それって聞く方も言う方も面倒だよね。


言葉で伝えられることって、すごく限定的だ。すぐ忘れるし。そのために大事なことは文書にして共有するのが当たり前だと思うのだが、どうもそれが徹底しているとは考えにくい。
大学じゃハンドアウトの配布や、ゼミとかでの発表内容を自作してレジュメにして配るのは当たり前だし、俺がスタッフをしていた同人イベントの実行組織ですら、会議の内容を議事録にとって文書化し、データをメールでスタッフに配信までしていた。
せめて業務内容をまとめた紙1枚でも貰えれば、それをもとに質問もしやすくなるんだが、これが言葉だけのやりとりだと、脳内で状況を思い浮かべる→わからない個所をつきとめる→言語化して質問というプロセスを経なければならず、煩雑だし非効率。

そして俺は自分の字がすごく汚いせいもあって、手書きのメモやノートはあまり使わない。冊子型になってるノートよりも自分で要点をまとめて印刷した紙の方が折りたたんで携帯に便利だし、何よりはるかに読みやすい。
だから俺は、なんか思いついた物事のメモとか、海外旅行時の緊急連絡先リストとかですらPC打ち込み→印刷です。
丁寧なノートのとり方、なんてのを工夫するより、こっちの方がよっぽど便利だと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。