スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな舞台が好きか

何年も観劇してきて、私が宝塚などの舞台を観る時、どんな作品が好みかという基準はある程度
決まっている。

その1:芝居よりショー
芝居よりショーが好き。これは大前提。
自分がボンクラなせいかどうかしらないが、台詞中心の芝居より
ギラギラの照明電飾、ガンガン畳み掛ける上にジャズにラテンにポップスと何でも流れる音楽、かっこいいダンスを堪能できるショーの方が断然楽しい。

その2:歌が多い方がいい
同じ芝居やショーでも、台詞や歌のないダンスシーンより、
歌があった方が、舞台に活気がある感じがして、好きなんです。
だから本編ほとんどが歌で構成されるエリザベートなんかは大好だったり。

その3:舞台は立体的に
どういうことかというと、大劇場みたいな広い舞台で、
階段とか板張りとかを使わず、ただ広い舞台で生徒が踊ってるだけだと、
いくら全員の群舞でも、舞台奥が余って空虚に見えちゃう(2階席からだと特に)
だからそれよりも、奥に小さい階段とかせり上がりがあってその上に数人口で
踊ってたりする構成の方が面白く感じます。

あとは曲とかの個人的な好みで、ジャズ、ポップス、タンゴとかを使うショーの方が好き。
演出家で言うと斎藤・藤井・三木先生あたり。

特に芝居よりショーってのはかなり大きくて、
宝塚以外の一般演劇にあまり行く気がしないのも、
ショーがないからに間違いない。




なんで宝塚から○○に?


もう少し、自分の趣味についてなんですが、

大きな趣味の一つに宝塚歌劇があります。
今でも好きで、よく観劇してますし、好きな生徒・演出家・OGの方もいます。
で、宝塚が好きな人って、関連する趣味として、四季とか他の劇団のミュージカルとか、
小劇場演劇とかバレエとかをよく観る人が多いと思うんですが、どうも僕の場合はそうではなかったようです。
もちろん普通のミュージカルも好きだけど、そこまで観ないんで。

じゃあどんなジャンルに行ったのかというと、

アニソン系ライブイベント
踊ってみた
(ニコニコ動画のアレです)

…まあいわゆるサブカル系音楽といいますか。
ぶっちゃけヅカに嵌まった頃からそれと別次元でオタク的属性持ってたのが根源なんですけどね。

でもヅカにはまってから、それに派生して(友達の影響とかもあって)、それまで無縁だったライブイベントにも
行くようになってはまったんです。
その理由は自分の中じゃはっきりしてて、

ステージでのショーって点では同じだから

です。
独特の曲調、ちょっと引いて見ると恥ずかしくなる歌詞、歌と踊りと照明と音、
ほとんど宝塚のショーと同じではないか、と思ってはまっちゃったわけです。

はじまり

ようこそおいでくださいました。
私の関心事である宝塚歌劇・昭和レトロ文化・アイドル文化・ライブイベント
・コンテンツ文化・東方project・20世紀の歴史や文化・戦争やミステリー・
その他世界史や日本史・ただの思いつき・日記などを書かせていただきます。

よろしければどうぞお立ち寄りください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。