スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社畜の安寧

今の会社は、決して悪いところじゃない。無茶なノルマもないし、ヤクザまがいの叱責もない。
メインとなる仕事自体は面白いといえば面白い。
それでも、40代や50代、髪は白く薄くなり、腹は出て成人病と隣り合わせになるような年まで今の仕事を続けたいかと言われると、それは考え物だ。
全てを仕事に捧げ、有給も取らず、唯々諾々と従っていれば首になることも苛められることもないだろう。典型的な古い体質の日本企業である。
会社でやりたい目標があることはあるが、それを実現するには5年前後はかかる。この5年というのが厄介で、
承知の通り日本は年齢を重ねる程に可能性が狭まる社会だ。
34~5歳(※)くらいまでやってみて自分のやりたいことをやってしまって、その時に転属の見込みがないなど、先が見えたら辞めて外に行くという選択肢がかなり魅力的ではある。
ただいわゆるホワイトカラー的な仕事ではなく、汎用的なスキルがつかないのが急所だ。
年ばかり食って、他で通用する能力もないまま、理不尽な扱いを受けても、辞めたら他に行き場がない不安を抱えて我慢して勤め続けるしかない、
というのが想定されるワーストケースだ。
僕には仕事とは別に好きなもの、もっと知りたいもの、当事者として関わってみたいものが沢山ある。
本も読みたいし音楽聴いてるだけで一日潰すのも悪くないし、海外や日本にも行ってみたい場所が沢山あるし、即売会やサブカルチャー全般にもずっと興味を持ち続けたいし、観劇やライブ行脚もウェルカムだ。歴史上のどうでもいい薀蓄も貯めこむのは大好きである。
友達には、以上にあげたもの全部を一人でやってる人こそいないが、
海外旅行やアイドルのイベント遠征し放題の人やベテランの即売会スタッフ、声優ライブ通いの猛者や同人作家や「踊ってみた」の企画に出るために遠征してくる人までいる。
自己責任だなんだと言われて俺一人が我慢しなきゃいけない理由なんざない。

この、労働に関する話はこれからもちょくちょく書いていくだろう。

※何故34~5歳かというと僕がこの年齢になる頃に、丁度コミックマーケットが100回目(C100)を迎える見込みだから、その前後には這ってでもコミケに関わりたいというひそかな野望があるから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。