スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヅカのショーで使う曲―洋楽編

ショーで流れる洋楽の傾向ですが、主に
いかにも宝塚!なシャンソン
ジャズのスタンダードナンバー
50~80年代のポピュラーソング
ラテンミュージック(当然ラテン系の作品に多い)
の4系統に分かれると思われます。
シャンソン以外の2系統についてですが、
ジャズではIts don’t mean a thingやIt's all right with me、The continental、Take the A trainなどの1920~50年代くらいの曲をよく使います。
これらはジャズがテーマのショーで頻出します。具体的には三木先生のショーで多いです。

結構ショーがきっかけで覚えたジャズの曲も多い(といってもジャズそのものに関してはまだまだ全然詳しくないんですけどね)
ポピュラーソングの方は具体例を挙げますと、
Final countdown
Hero (ボニータイラーの曲)
Copacababa
ゴールドフィンガー(007ゴールドフィンガーの主題歌)
などを使ってます。
そして洋楽の場合、大幅なアレンジがなされていて一見原曲とわからないものも多い。
またもmisty stationになってしまいますが、
Alone againという曲がフィナ―レでとてもおしゃれにジャズアレンジされていて、それと気づかなかったし、自分が後で原曲を聴いたけどジャズアレンジの方がはるかに好みだった。
TCAから発売されている公式DVD(ただし著作権上の理由で一部の曲だけカットされたり差し替えられたりすることもあります。その辺は演出家の配慮が問われるか)同封の解説書には楽曲リストもあり、原曲を分析しているサイトもあるので、これらを考察するとなかなか面白く、音楽そのものの知識も広がる。
まあさすがにロックやテクノ、ボカロソングなどはまだありませんが。

宝塚を「演劇」としてみてしまうと、どうしても脚本や演技に目が行ってしまうかもしれませんが、
「ショービジネス」として、劇中の音楽に目を向けてみると、結構奥が深いのであります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。