スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中広い

同僚に高卒の子(まだ10代)がいるんだが、その子を含めて仕事仲間で食事してた時のこと。
陸上が趣味の典型的な体育会系だってことは知っていたが、ふと趣味の話題になり、俺が「まあニコ動とか、音楽聴いたりとか・・・」とまあ無難に話したら出た台詞が

「ニコニコ動画って何ですか?」


…一瞬異星人に遭遇したかのような気分になった。
いや、俺らの世代ならいざ知らず、今の10代にとって、ニコ動その他のネット上のコンテンツなんて、空気の同じような存在だと思ってたから。
いくらスポーツマンでも、みたことくらいあるでしょ?と思ったがなあ。
同時に自分が7年間で如何にオタク&変人化してマジョリティからずれたかおもいしらされたわけだが
とまあ、これだけなら趣味の違い、世の中広いよねという話で済むのだが、その高卒君がいた学校、一言で言えばいわゆる底辺校、DQN校だったようだ。
彼自身も小さい頃からずっと体育会系の環境にいたそうで、学校自体も体罰やシゴキは日常茶飯事だったらしい。聞くところによるとまさに桜ノ宮そのまんまのようだ。
教師にボコられて学校に救急車が来たとかマジ昭和のツッパリかよ。
別にそれだけなら関わり合いにならなきゃいいのだが、この高卒君のように、そういう環境下で「洗礼」を受けてきた連中が、いわゆる企業社会でマジョリティをしめるおっさん達の受けがいいのは事実だ。
俺自身はスポーツ経験も皆無だし、中高大院と、極めてリベラルな環境(何せ私服、校則殆どなし、運動会すら参加任意。こんな環境に中1から数えてもM2までなんと13年!)にいたから、これはもう、カトリックとムスリムの違いみたいなもんで、バックボーンが違うと割り切るしかないんだろうね。

(なお本人の名誉のため言っておくと彼自身は委員長も務めて一応「優等生」ではあったようだ。まあそうでもなきゃまともな会社には行けんわな。それでも理不尽に先公から殴られたりしてたそうだ)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。